2004年12月06日

早くも

米amazonに予約していたDVD本体のみ(ミナス・ティリスなしってことね)のLOTR-SEEの発送通知が。送料含めて$29.97也。1ドル102円台のいい時期の決済&発送です。クリスマス前の繁忙期だからそんなに早くには到着しないだろうなと思いつつ、我が家への王の帰還を心待ちにするこれからです。うっしっし。
観ても公の場では2月の日本版発売まで追加映像や特典映像については口をすべらさないように気をつけねば。という以前に、年末年始にまとめて鑑賞する時間の確保が先決だわ。細切れに観るのは最後の手段にしたい…。
posted by dada at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

いいんですかー!!

すごいよ、米amazon!もうROTK-SEEが届いたよ!!!
今晩は「二つの塔」観てる場合ではありません。
世界の果てまで突き進む勢いで、夜を徹して「王の帰還」 extended edition 鑑賞だー!
(このブログでは、2月の日本版発売までROTK-SEE本編ネタばれは慎みます。)
続きを読む
タグ:David Wenham
posted by dada at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

初めて買ったLP

おこづかいを貯めて自分で買った最初のLP(その頃CDなんてカゲもカタチもなかった)は、Police の1stアルバム "Outlandos d'amour" である。最近になってリマスター盤CDを聴いてみたが、気迫と音の厚みにやはり圧倒された。たった3人でやっているとは思えないほどパワフル。"Roxanne" は名曲だ。
それを映画「ムーラン・ルージュ!」で見事にカバーしたB.ラーマン監督、あんたはすんばらしい!スティングの高い声に慣れた耳には衝撃のヤツェク・コーマンのダミ声 "Roxanne" とタンゴのコンビネーションに骨抜きにされてしまったよ。はらしょー!!
posted by dada at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

ガンバレタブチ

"Show must go on" が映画「ムーラン・ルージュ!」でカバーされていた Queen 。"Another one bites the dust" とか "We will rock you" とか "Bohemian rahpsody" とかめちゃめちゃかっこいい印象的な曲がたくさんある。なかでも忘れようにも忘れられないのが "Killer Queen" 。いしいひさいちの「がんばれ!タブチくん」が流行っていた頃、ラジオ関東(現ラジオ日本)の全米トップ40を通じて人口に膾炙した「ガンバーレ タブチ♪」は衝撃的だった。
posted by dada at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

映画LOTR:キャスティングの妙・妙なキャスティング

"The Lord of the Rings" 三部作すべての Special Extended Edition が出揃いましたね。あらためて「旅の仲間」「二つの塔」のSEEも再鑑賞して、脱帽。迷走気味なエピソードもあったけど、よくここまでまとめあげて万人が観て魅力的な映像作品にしたなあ。まず情熱があって、さらに、やりたいことをわかりやすく伝える能力がある監督が、相手の要求を正確に汲み取ってそれを十二分に満たす能力を持つスタッフやキャストを存分に使えたという、まれに見る製作現場だったのだと思います。無論、スタッフやキャストは監督自ら厳選してるわけだから、PJの見る目の確かさ、恐るべし。

とはいえ、100%確かというわけにはいかず、ふしあなだったか?と思わずにはいられない人選もなきにしもあらず。あくまで個人的な意見ですが、アルウェン役リヴ・タイラーとサム役ショーン・アスティンについてはキャスティングに疑問。だって、英語のセリフの言い方が無神経なんだもん。せっかく他の人たちが、厳かに、あるいは素朴に快活に聞こえるセリフまわしをしているというのに。っつーか、神経使っているのかもしれないけど、トーンのバリエーションがなさすぎ。
続きを読む
posted by dada at 16:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

勅使川原三郎 KAZAHANA

グラスの底のサイダーの泡がゆるやかに螺旋を描いて天空に還っていくが如き重心移動、または、いつまでも揺曳する紫煙の如き重心移動、または、気まぐれに重力の抱擁に身を任せ垂直に落下するが如き重心移動。
という勅使川原の振付を十二分にこなしていたのは、やっぱり宮田佳ひとり…だった気がする。四肢の動きはあくまで重心移動のベクトル決定の補助だと思った日曜の昼下がり。(Feb. 6, 2005 新国立劇場マチネ)
posted by dada at 23:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

2005年03月12日

13日のNHK教育 芸術劇場

KAZAHANA放映ですね。
勅使川原御大のインタビューもあるようなので、勅使川原三郎のダンスに興味ある方は、3/13(日)午後10時からのNHK教育 芸術劇場をどぞ。KAZAHANA、前の公演かな、この2月の公演(再演)かな。どっちだろ。
posted by dada at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

やっぱりコアラ

Brush Off で突き落とされまいと足技までくりだし必死に手すりにしがみつくマレイDW…やはりコアラのポーズにしか見えない…というわけでコアラの画像を求めてグーグルイメージ検索。かわええの見つけました。

Albino baby koala - aaaah! (BBC)
An albino koala adds color to San Diego Zoo (CNN)
いずれも1998年6月、サンディエゴ動物園のアルビノ・コアラのOnya-Birri君(約10ヶ月)お披露目のニュース。野生のコアラにはときたまアルビノがいるけど、動物園でアルビノというのはすごく珍しいらしい。BBCは我を失ったニュースヘッダ(なんなんだ、aaaah!って/笑)、CNNは体重測定のQuickTime動画つき。むくむくしてて、かわええ〜
満1歳になった折の写真はこちら。すげー美コアラです。その後続報がなんにもないけど、ご健在なのかしら。

サンディエゴ動物園は、豪州国外では最大のコアラコロニー(70頭くらいいるらしい)があって、パンダもいる動物園。Animal & Plants から videos and live cams を選択すると、いろいろかわえ〜もん見られます。居ながらにして動物見物できるスグレモノ。でも動物園特有のあのにほひがないと、ちょっと感じが出ないな。
posted by dada at 09:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

よいお年を

ようやく"300"情報が出て、DWはDilios役と判明してVideoJournalの動画でちらりと姿を確認できたりもして、来年の公開に向けて大いに期待をふくらませております。今年はDWをめぐっていろいろな人とのご縁と知識を深めた1年でした。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ところで、DWさしおいてコアラコアラ言っていたら、友人からクリスマスプレゼントにこんなルームソックスもらいました。ありがとう
あまりにウケたので写真を披露↓。

koala_socks


これに味をしめて、来年はデイヴィッド・ウェナム デイヴィッド・ウェナムと連呼しようと思います。
タグ:David Wenham
posted by dada at 00:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

3$おあずけ中

2月にとあるところにDVDをまとめて注文、しかし一括発送で頼んだもんで、全部そろうまで発送されないようなのだ。考えてみたら3/15発売のDVDまで一緒に頼んぢまってた…。ちまちまとShipment Confirmationは来るのだが、この場合ただお取り置き状態のようであります。というわけで、いまだに映画 "Three Dollars" おあずけ中(泣)。
posted by dada at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

かわええ…

サンディエゴ動物園の動画ページ(要RealPlayer)の中のオオアリクイの赤ちゃんお目見えの動画 A new nose appears: Baby anteater is born at Zoo を見て悶絶。知りませんでした、ママの背中にたれアリクイ状態でおぶさってるもんだったなんて。生後1ヶ月くらいで歩けるようになってはいるが9ヶ月くらいはママにおんぶされてるそうです。

某DWさんはコアラに似てるとかアリクイに似てるとか巷で囁かれているわけですが、それはハナもポイントだけど、幸せそうに甘ったれてるイキモノというあたりもポイントなのではないのかと疑いだしている今日この頃。いや、ご本人が甘ったれてるとか言うんじゃなくて、外見イメージがね。天敵がいなくてのほほんとしてる中型動物のコドモというイメージ。(←40のおっさんに対して言いたい放題)というわけでカテゴリーは【DW】。
タグ:David Wenham
posted by dada at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

今日はなんの日 幸福な日


かもめのアレクサンドラが、
「いったいどういう船が、このしあわせの島にときどき入れてもらえるのでしょうか。」
と、おじいさんにたずねました。
「だれか、幸福な日に生まれたものが乗っている船だけじゃ。」
「幸福な日とは、いつでしょう。」
「六月二十四日じゃ。」
「おや、わたしの誕生日!」
と、ユーリエおばさんとペーターが、声をそろえていいました。
「わたしも、やっぱりその日がわたしの誕生日!」
と、はつかねずみのフィリーネもいいました。
「幸福なめぐりあわせじゃな。幸運児を三人も乗せている船が、しあわせの島にこないわけはない。」
と、おじいさんがほほえんでいいました。
(J.クリュス作植田敏郎訳「風のうしろのしあわせの島」講談社



「風のうしろのしあわせの島」は、1945年ダボーリン・マディランコビッチュ船長が貨物船ツィカーデ号(2000トン、乗組員23人+便乗客2人+はつかねずみ1匹+かもめ4羽)でシチリアからアイスランドへ塩を運んだ帰りにアイスランドの塩だらをギリシアへ運ぶ途中に迷い込んだ島のおはなし。風のうしろのしあわせの島は、人間動物植物がなかよく一緒に住み、アルファベット順にかわるがわる島を治めている共和国。
船旅をする機会があったら、6月24日生まれの人を探しまくってやる〜。

"Answered by Fire" も届いたし、「旅の仲間」放映もあるし、やっぱり今日は幸福な日でございます。


先日うっかりバスに傘を置き忘れてしまいました。しかも気がついたのがその日の夜といううっかりぶり。雨粒があたる音が結構気に入っていた傘だったので、人にパクられて使われてるならまだしも、捨てられちゃったりしたらせつない。
翌朝路線に一番近そうな営業所に電話して聞いたら、そこに忘れ物は集められているとのこと。応対してくれたかんじのいいおっちゃんが、すぐさま
「ちょっと見てきますね。傘の色とか特徴は?」
「えー、黄色とカーキ色の中間くらいの色なんですが…それと、柄は(略)」
いちばん近い色は、たくあん色なんです。きんとん色とも言えます。でも、なぜかたくあん色とかきんとん色とは言えませんでしたわい。
で、それっぽいのがあるというので営業所に出向き、傘との感動のご対面。(梅雨時という時節柄、忘れ物傘はずらりと並んでました。50本くらいあったかも。)どこのどなたか存じ上げませんが忘れ物として拾って届け出てくれた人、ありがとう、保管しておいてくれたバス会社、ありがとう。おかげさまで傘、無事手元に戻ってきました。引き続き大事に使いますね。

なんてこともあったので、今週はなんかしあわせ。みなさまも、どうぞおしあわせな日を。
posted by dada at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

やっぱりコアラだったか

というのは、絵本リサとガスパールシリーズ作者らによるペネロペのこと。
あのクーリ君によく似た造形を見て「絶対クマじゃない、コアラの子だ!!」と思っていたら、やっぱりコアラ。ペネロペちゃんはフランス生まれの青い女の子コアラだそうです。だからおなかにポッケがあるのね。(ちなみに有袋類といえど男の子コアラにはおなかにポッケなし。胸のところに茶色っぽく見える臭腺があるのみ。臭腺じゃ詩的じゃないから女の子コアラにしたのかしら。)

…だれかさんのおかげでコアラに敏感になっちまっただよ。
posted by dada at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

違いを楽しむ人

その昔は「違いがわかる男」が売り文句だったゴールドブレンドの♪だばだ〜ってCMソング、もろに「DABADA」というタイトルだったことを今さら認識。(ゴールドブレンドのサイトで聴けます。)
それはさておき。


「ミス・ダイアモンド」のドイツ版DVDにはキャスト紹介なんかもついていて、主要出演者の経歴やら出演作がずらっと書いてある。その中のトーマス・クレッチマンの経歴を見てて驚愕。

スピルバーグの「シンドラーのリスト」のある役を、クレッチマンは断った。陳腐なナチの走狗役は御免蒙るという理由で。


となにげなく書かれていてひっくり返りました。どひゃー。「ある役」ってまさか、陳腐なナチの走狗役と言えないこともないアの役だったりしますか?!

こんなドイツで流通している商品にがっちり載ってるくらいだから「シンドラーのリスト」のimdbトリビアにあるかとあさってみたけど、全然見当たりませんでした。ドイツでだけ有名な話なんだろうか。どうせならどの役を断ったのかまで書いておいてくれー。

…確かに、ホーゼンフェルトとかフェーゲラインは紋切り型の陳腐なナチの走狗役ではないわいな。違いを楽しむ人、クレッチマン。
posted by dada at 01:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

十六夜

izayoi.jpgあまりに月影さやかだったものだから。
posted by dada at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

年末のごあいさつ

DW的にはDVD "The Proposition" でいけ好かない奴役を拝めたかと思うと "Three Dollars" では善き人良きおとーさん役だったり "Answered by Fire" で上司にしたいDW No.1 だったり、ComiCon や各地のイベントで愛想ふりまいてたり、まだ見てないけど「ピュア」が日本版レンタルリリースだったりして、それなりにニュースが途切れず話題には事欠かない一年でした。来年は "300" で怪気炎じゃ〜!今でもトワイニングス300周年記念とかいうパッケージを見ただけで数字に反応してにやにやしてしまっております。筋肉集団の公開が楽しみです。音響の良いシネコンでやってくれるといいなあ。そして名前表記は「デイヴィッド・ウェナム」で頼んます。

今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
みなさま、よいお年をお迎え下さい。
タグ:David Wenham
posted by dada at 14:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

謹賀新年

千両&お多福南天あけましておめでとうございます。
これ、千両とお多福南天。千両は以前ご近所から株をわけてもらって根付いて増えたもので、お多福南天は植えたおぼえがないのにいつのまにかベランダの鉢植えににょきにょきと出ていたもの。たぶんヒヨドリが運つけてくれたんでしょう。世の中、どこでどうなるかなんてわかりゃしませんねえ。

今年もDWにどっぷりはまりつつ、さらにでたとこ勝負でいろんな作品や役者さんにはまって楽しんでいきたいと思います。よろしくおつきあいくださいませ。

posted by dada at 15:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

コアラコアラ

ninemsnの動画はmacで見られない。
豪州短編映画祭 Tropfest 2007 に審査員としてDW御大が出ているというのに、動いて音がでる最新DWが見られない。むきー。

そんな今週、訃報なのに不謹慎にもウケてしまったヘッドラインが、20日スポニチの「絶倫コアラ死ぬ」。神戸市立王子動物園のモモジ逝去(リンパ節ガン、享年10歳)の報。叶姉妹二女出頭の記事の横に堂々写真入りでございました。
モモジ、ブリーディングローンでひっぱりだこの雄コアラだったそうな。惜しいコアラをなくしました。合掌。
posted by dada at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 【チラシの裏】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする