2014年01月01日

あけましておめでとうございます&2013年映画ふりかえり

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

◇年が明けてからふりかえる2013年印象に残った映画
2013年は観た作品数が少ないんです。
ライアン・ジョンソン「LOOPER/ルーパー」
ギレルモ・デル・トロ「パシフィック・リム」
白石和彌「凶悪」
ポール・グリーングラス「キャプテン・フィリップス」
アルフォンソ・キュアロン「ゼロ・グラビティ」
が印象に残り、なかでも「パシフィック・リム」は今でもBDでヘビロテ中。明確な志向性があって前例にとらわれない博識で柔軟な監督が、賢くて能力が高いスタッフ・役者と協同して製作した作品というのが好きみたいです私は。
デル・トロやキュアロンの彼岸-此岸がずるっと連続したイメージって日本人のと似てるかも。メキシコの死者の日と日本のお盆ってコンセプトは似てるもんね。
そういえばPixarの死者の日アニメはどうなったんだろ。
バズ・ラーマン「グレート・ギャツビー」は期待のほうが高かった…やってることは筋といい映像といい「ムーラン・ルージュ!」まででやりつくしてた気が。

2014年、まずはホビット第二弾を楽しみにし、ついでにダリオ・アルジェントのくれっちドラキュラ公開をやや楽しみにし(だってせっかく3Dで撮影してるのに2D公開なんだもん。しかもレイトショー、渋谷シネパレスは女性なら毎日1,000円で鑑賞の叩き売り状態だ)、オスカー・アイザック出演作公開を期待します。あと、レフン監督&ゴズの「オンリーゴッド」も楽しみ。
あとは The Turning を公開してほしいけど、とりあえず2月のベルリナーレスペシャル枠での反応を楽しみにします。
1月はAACTAとかゴールデングローブといった映画賞の発表、アカデミー賞のノミニー発表があるのも楽しみです。オスカー・アイザックが賞レースにからんでインタビューがもっと増えるといいな。
posted by dada at 19:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 【映画一般】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅くなりましたがこちらでもあけましておめでとうございます。
パシフィックリムの続編(というか前日譚?)の企画があるそうですね。ハーク父ちゃんがたくさん見られそうな香りのする企画っぽいですが、確かにあれはさかのぼっていろいろ映画を作れそうな感じですよね。それこそペントコストさんが現役の頃の話しとかも。
終わりから始まるシリーズ映画、というのもおもしろそうであります。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by すなみ at 2014年01月05日 20:22
おめでとうございます!今年もよろしくお願い致します。

終わりから始まる というのはいいですねえ。世界観がしっかりしているのでいろいろ想像をたくましうしてしまう作品ですよね。
続編はできればまたKAIJUとイェーガーのプロレスを観たいのでマーク1無双の前日譚ウェルカムですが、前日譚じゃなくてシャッタードームをテンドーと切り盛りしてるとーちゃんでもなんでもウェルカムです。

ハーク父ちゃんの中の人が出てて、冷静な切れ者役やってた「キャプテン・フィリップス」、おススメです。
Posted by だかつ at 2014年01月06日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388089128
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック